WiMAX2+の対応エリア!利用する前に絶対に確認!

WiMAX2+を利用すれば通信費を大幅に削減できる可能性がありますが、固定回線とは違い無線回線なのでいわゆる無線の電波が飛んでいなければインターネットにつなげることはできません。WiMAX2+はどんどんと利用可能な範囲が広がっていることは確かですが、それでも都市圏でも場所によっては利用ができなかったり、利用できても何らかの理由で速度が遅すぎるということがあります。しっかりと確認することなしでWiMAX2+を契約してから実は利用できなかったでは無駄になります。通信にかかわるサービスにはクーリングオフが適用されませんから、解約手数料が必要になってしまいます。

WiMAX2+を契約する前に絶対に確認しなければならないのは対応エリアです。自分がメインでWiMAX2+を利用する場所がWiMAX2+のサービス提供範囲にはいっているかどうかと、サービス提供範囲にある場合にはどのくらいの速度のサービスが提供されているかです。WiMAX2+のサービスの提供範囲には自宅や職場や学校などが範囲に含まれているか確認する必要があるでしょう。その他にもよく外出先でインターネットを使うような場所を含めてももちろんかまいません。

WiMAX2+のサービスの提供範囲(対応エリア)を調べるのは自分が契約を検討している各サービス会社のサイトを見れば、ほぼピンポイントでサービスが提供されているかどうかを判定できるコーナーがあります。そのコーナーで住所などを入力することによってサービスが利用可能かどうかがわかります。この方法でかなり詳細に利用可能顔塚の判定はできますが、判定で利用が可能であるが建物や利用階などによっては通信状態があまりよくない可能性があるというような判定が出た場合には、一つにはWiMAX2+の利用をあきらめるか、実際に通信が可能かどうか通信速度が利用するに値するかどうかを端末のレンタルサービスなどを利用してチェックする必要があります。

WiMAX2+の対応エリア!利用する前に絶対に確認!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です