\WiMAXは賃貸マンションにおすすめ!その理由とは?

現在国内ではどこでもインターネットが使用でき、そのほとんどの地域で光回線といった品質の高い回線を利用することが可能です。しかし一部の地域あるいは住宅によっては光回線、あるいは全ての有線の回線を利用してのインターネットサービスを利用できない地域もあります。

そのような地域ではインターネットの使用は不可かのかと思われがちですが、WiMAXといった無線でのインタネット回線の利用が可能であることからそちらの利用を検討すべきです。

工事不要ですぐに利用が可能です。

WiMAXに関しては使用できるエリアは定められているものの、人口の多い地域に住んでいればほぼ使用できる状態にあります。WiMAXを利用する大きなメリットは工事の必要がないということが挙げられます。

インターネットを導入する際には光回線の場合は近くの電柱を通っている光回線を分岐して自宅まで引き込むという大掛かりな工事が必要で、申し込みの時期によっては約2か月後くらいに工事の順番が回ってくることもあります。

しかしWiMAXは無線であるため、自宅に機器を設置するだけですぐにインターネットの使用が可能になるので工事の手間がかからなくて使いやすいのです。

賃貸物件には特におすすめです。

WiMAXは工事不要で利用できるということで、現在室内にインターネットをする環境にない賃貸物件には特におすすめです。賃貸物件は退去する際には原状回復をしなければならず、インターネットの工事をした場合はきちんと取り外さなければいけません。

電話線など元々ある線の設置場所とおなじところを利用していれば問題ないのですが、壁に穴を開けたりして光回線を設置した場合はその穴を元に戻さなければいけないことからかなり多くの費用をかけてしまうこともあります。

しかしWiMAXは工事不要ということで、室内のどこにも傷をつけることなく設置が可能ということで、賃貸物件には特におすすめできるものです。

WiMAX利用時の注意点について。

WiMAXについてはメリットが多いものの、少しはデメリットもあります。無線で利用できるインターネットはWiMAX以外にもいくつかあるのですが、数日間で一定の通信量を使用するとその後数日間通信速度が低下するという仕組みになっています。

そのため通信量が多くなりがちな動画をよく見るとか、インターネットを使用して仕事をしているという場合には通信制限がかかったら不便になるためできる限り光回線を利用するのがおすすめです。

日常生活の中で利用するという程度であればWiMAXを利用した方が工事に関することだけでなく、月額使用料金も光回線よりは安くなることが多いのでWiMAXの利用を検討すべきです。

キャンペーンに踊らされないように注意

また、WiMAXの契約時に利用するキャッシュバックキャンペーンにも注意が必要です。金額が高いほど、契約の縛りがきつくなるため、変なオプションがないか気をつける必要があります。
参考:要注意!WiMAXのキャッシュバックキャンペーン 3つの落とし穴【比較表付き】

まとめ

WiMAXに関してはサービス提供されてからかなり時間が経過していて有名ではあります。それでも実際に使用して不便な点はないかどうかが気になるという人も多く、使用にあたって迷ってしまうこともあります。

WiMAXのメリットは工事不要、機器を手に入れたらすぐに使用可能、使用料が安いということがある一方で、使用状況に応じて通信制限もあることからメリットデメリットを比較してメリットが上回ればWiMAXの使用を検討すべきです。

ワイマックスは、契約も手続きも超簡単です

ワイマックスを使っていました。もう、かれこれ5年になります。固定式のインターネットが使えない環境になり、携帯できるインターネットサービスがどうしても必要になったからです。そこで、わからないまま調べて出てきたのがワイマックスでした。

契約手続きも、とても簡単でした

ワイマックスのいいところは、とにかく手軽ということです。電波の届く範囲であれば、どこでも使うことができます。固定式ではこのようなことができませんね。どれほど感謝したことでしょう。契約も簡単だし、手軽というのが一番です。料金までもが安かったです。長いあいだ使いました。

ただし、余りにも薄いし、小さ過ぎて、なくしてしまうということがありました。どこに行ってしまったのか、いつも、探しているような状況もありましたね。どうしてもそんなことがあるのです。契約地ついてもインターネットから出来ました。注文すると、すぐに、品物も届きました。

しばしば、電波妨害を受けました

案外と、生活してみるとボンビーガールではありませんが、ボロい賃貸物件がたくさんあるのです。こうなると、生活するので、一気に滅入ります。そこで、暮らしを変えることなく、使うことができるワイマックスは、本当に、生活を豊かにしてくれました。自分の前の生活を彷彿とするくらい、セレブの気持ちになったのです。感謝しかありません。

ただし、賃貸物件に住んでいると、治安が悪いのは言うまでもありありません。電波妨害にあい、よくフリーズさせられました。全く動かないこともあるのです。これには、固定式でも同じでしょうが、困りました。いたづらを受けました。住むところが悪いとです。

もっと対策を急いで、欲しいです

現代は、スマホでインスタばえでフォロワー数を獲得したいせいなのか、その影響をうけて、電波ジャックしてきます。結構な割合で被害に遭いました。その対策はしっかりとして欲しいと思いました。どこにでも、フリーたというよりも、若い母親が家にいて、暇なためにいたづらのターゲットとして、選んでくるのです。ワイマックスはそれに狙われました。

しかしながら、その電波障害のインターネットのサービスを切りながら、必死に、ワイマックスで仕事をしていましたね。電波妨害をブロックできるような対策をしていただけると、もっと、いいと思います。ニーズがある、と思います。

契約も使い方も簡単なワイマックスは、賃貸アパートの人間にはとても使い勝手のいいものです。電波対策だけもっとして欲しいですね。それだ消していただいたら、もっと、ニーズがあるのは間違いなしです。多くの世代から支持されます。

WiMAXにするか悩んでいる人に知ってもらいたい3つのメリット

インターネットに接続するためのサービスと言えば、光ファイバー回線を使用したものが高速であることから高い人気を誇っています。その一方でWiMAXというサービスにもメリットが多く、今では多くの人が利用しています。WiMAXにはどんな利点があるのか見てみましょう。

どこにいても便利なネットにアクセスできる

今やインターネットは、私たちの生活に無くてはならないものとなっています。家の中ではもちろんのこと、外出時に役立つサービスも続々登場しており、外でも利用できるとより便利です。WiMAXはそういった外でネットに繋ぎたいという希望を叶えてくれるサービスです。

モバイルルーターと呼ばれる小型の機器が用意されており、それを持ち歩くだけで外出時にもネットに繋がります。必要な情報を歩きながら検索したり、ノートPCと一緒に持ち歩いてカフェなどで簡単な作業をこなすこともできるなど、ビジネスマンにもおすすめです。スマホに繋げば通信料の節約も可能で、アクティブに活動したい人に最適なサービスと言えます。

無線で繋がるから室内もスッキリ

光回線サービスは確かに高速ではあるものの、パソコンと繋ぐと複数のケーブルが家の中を這いずり回ることになり、見た目的にあまりよくありません。その点WiMAXなら、無線でパソコンをネットに繋げることが可能です。LANケーブルなどを用意する必要もなく、部屋の中がスッキリするというメリットがあります。

無線で繋がるというWiMAXならではの特徴は、家のどこにいてもネットを利用できることを意味します。普段は1階でパソコンを使用しているが、就寝前は2階の寝室で使いたいというときにも便利です。キッチンや庭にも電波が届きますから、動画を見ながら料理したいときやDIYに取り組みたいときにも役立ちます。

たくさんの特典があるから乗り換えもお得に

ここまでWiMAXのメリットをいくつか見てきましたが、それでも今使っているサービスから乗り換えることには躊躇される方も多いかもしれません。しかしWiMAXなら、乗り換え時にキャッシュバックなどの特典が用意されており、変更しても損をすることがありません。キャッシュバックの金額はかなりの高額で、場合によっては乗り換え前よりもプラスになることすらあります。

WiMAXは料金自体も比較的安く設定されていますから、光回線を使っていたときよりも通信費の削減になり家計にも優しいサービスと言えるでしょう。他にも無線のネットサービスはいくつかあるものの、それらに比べてもWiMAXがリーズナブルであるのは乗り換えに値するメリットです。

まとめ

無線でインターネットを使うというと難しく感じるかもしれませんが、WiMAXでは接続設定も用意されており簡単です。ネットの利便性を家の中だけでなく外出先でも活用したいと思ったら、思い切ってWiMAXに乗り換えてみましょう。きっと楽しい世界が待っているはずです。

WiMAX2+の速度が気になっている人に分かりやすく解説します

これからWiMAX2+を使いたいと思っている人も多いかと思います。その理由は簡単で最近はスマホでインターネットをする人が多くなっていますが
スマホだと動画など見ているとすぐに通信制限まで通信してしまって使い物にならないという人も多く自宅で動画を見る時はWi-Fiでスマホを使いたいと思う人も多いからです。
それで自宅ではWi-Fiでインターネットを楽しもうと思った時に色々選択肢はあるのですができればあまり月額料金が高くなくて速度もそこそこ出て尚且つ面倒な工事も必要もなく簡単に使える物を選ぶとなるとWiMAX2+しか選択肢はありません。

でも、多くの人はいくらWiMAX2+が月額料金も安めで工事も必要なくてすぐにWi-Fi接続でインターネットができると分かっていても本当にWiMAX2+を契約しても大丈夫かと思うかと思います。私も最初はそう思いました。ですが、それは別に不思議な事ではなくて何も考えずにWiMAX2+を契約してしまうと最低でも2年は使う事になるので気になって当たり前です。では、これからWiMAX2+を契約しようと思っている人は具体的にどういう事を気を付けたら良いのかというと一番重要になってくるのはルーター選びです。

それはどうしてかというと、同じWiMAX2+でもルーター選びを間違えてしまうと困った事になるからです。具体的にどういう困った事になるのかというと、それはルーター選びを間違えてしまうと速度制限になるまで通信した時に全く使い物にならなくなるという問題が出てくるからです。それを回避するには同じWiMAX2+のルーターでも速度制限がないノーリミットを搭載しているルーターを選ぶ必要があります。このノーリミットモードを搭載したルーターを選べば仮にWiMAX2+を通信制限になるまで使ってもノーリミットモードで通常のWiMAXが使えるので速度は最低でも1Mは出ますのでインターネットが使い物にならないという事もないです。

ですが、もしそういう事を考えないでWiMAX2+ならどのルーターでも良いと思ってノーリミットモードがないルーターを選ぶと使いすぎて速度制限に掛かってしまった
時に速度が126kまで制限されてしまって軽いホームページの閲覧すらイライラしてしまう事になりかねないです。ですから、WiMAX2+を契約する時はノーリミットモードがある物を選べば速度を気にする事なく使えます。

WiMAX2+とワイモバイルの比較をした結果

WiMAX2+とワイモバイルの比較についてどちらも提供をしているものはデータ通信を行えるwifiルーターを販売しています、歴史的にもおもにメインはそちらの契約者が多いかもしれません、しかし最近ワイモバイルは音声プランにも力を入れている状態になっています、スマートフォンも提供も行うようになりました、金額自体も大手のキャリアのドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン利用料よりも安く抑えることができるように1980円などのCMも出していて、価格をリーズナブルに抑えるようにしているところが魅力です。

WiMAX2+に関していえば音声プランは用意されておらず、データ通信のみのプランになっています。本当にポケットwifiのプランのみで勝負をしている会社になります。同じデータ通信のところで考えると、データ通信プランの面で考えると、金額自体に大差はありませんが、内容には違いが存在します。お互いを比較してみると、その部分データ通信の制限に関してです。ワイモバイルはだいたい5GB~7GBで制限がかかります。WiMAX2+に関しては、制限のかかるプランと無制限のプランとが存在します。制限に関していえば高画質の動画を見たりすると影響を受けやすくなってしまいます。単純に比較は難しいですが、あまり利用用途が少ない、金額を安く抑えたいのであればワイモバイルで、データ通信を気兼ねなく使いたいもしくはヘビーユーザーの場合はWiMAX2+が良いのではないのでしょうか、利用の用途で使い方も変わってくるので簡単に切り替えればいいのですがワイモバイルには2~3年の契約期間が、WiMAX2+には2年の契約期間があり、月額の維持費を安く抑えるようにできます、しかし解約を更新月以外に行ってしまうと、解約金が必要になってしまします。こちらも注意が必要になってきてしまいますので検討が必要です。

WiMAX2+の対応エリア!利用する前に絶対に確認!

WiMAX2+を利用すれば通信費を大幅に削減できる可能性がありますが、固定回線とは違い無線回線なのでいわゆる無線の電波が飛んでいなければインターネットにつなげることはできません。WiMAX2+はどんどんと利用可能な範囲が広がっていることは確かですが、それでも都市圏でも場所によっては利用ができなかったり、利用できても何らかの理由で速度が遅すぎるということがあります。しっかりと確認することなしでWiMAX2+を契約してから実は利用できなかったでは無駄になります。通信にかかわるサービスにはクーリングオフが適用されませんから、解約手数料が必要になってしまいます。

WiMAX2+を契約する前に絶対に確認しなければならないのは対応エリアです。自分がメインでWiMAX2+を利用する場所がWiMAX2+のサービス提供範囲にはいっているかどうかと、サービス提供範囲にある場合にはどのくらいの速度のサービスが提供されているかです。WiMAX2+のサービスの提供範囲には自宅や職場や学校などが範囲に含まれているか確認する必要があるでしょう。その他にもよく外出先でインターネットを使うような場所を含めてももちろんかまいません。

WiMAX2+のサービスの提供範囲(対応エリア)を調べるのは自分が契約を検討している各サービス会社のサイトを見れば、ほぼピンポイントでサービスが提供されているかどうかを判定できるコーナーがあります。そのコーナーで住所などを入力することによってサービスが利用可能かどうかがわかります。この方法でかなり詳細に利用可能顔塚の判定はできますが、判定で利用が可能であるが建物や利用階などによっては通信状態があまりよくない可能性があるというような判定が出た場合には、一つにはWiMAX2+の利用をあきらめるか、実際に通信が可能かどうか通信速度が利用するに値するかどうかを端末のレンタルサービスなどを利用してチェックする必要があります。

WiMAX2+の対応エリア!利用する前に絶対に確認!

WiMAX2+のプロバイダはどこが良い?5つの特徴を比較!

今までのWiMAXでは下り最大40Mbpsの通信速度でしたが、WiMAX2+では下り最大110Mbpsと倍以上速くなりました。
さらに下り最大220Mpbsへとパワーアップ、端末によっては下り最大370Mbpsもの超高速通信が行えます。
そんなWiMAX2+を利用したい時に迷うのがプロバイダ選びです。
プロバイダによって特徴が異なりますので、それぞれよく比較してから選びたいところです。
まず最初に気になるのが料金です。

UQ WiMAXのUQ Flatツープラスギガ放題では月4380円、最大3か月3696円となります。
Broad WiMAXのギガ放題月額最安プランでは最初の1か月から2か月まで月2856円、3か月から24か月まで3541円、25か月以降は4041円となります。
ギガ放題ベーシックプランでは最初の1か月から2か月まで3695円、3か月以降は4380円です。
2年間だけで見るとBroad WiMAXのギガ放題月額最安プランがお得です。
しかし2年以降は高くなるため、長期間の利用を考えている方はUQ WiMAXのUQ Flatツープラスギガ放題、またはBroad WiMAXのギガ放題ベーシックプランのほうがお得です。
BIGLOBEのFlatツープラスギガ放題プランでも最初の1か月から2か月まで3695円、3か月以降は4380円と同じです。
GMOとくとくBBギガ放題では最初の1か月から2か月まで3609円、3か月から24か月まで4263円、25か月以降は4263円となっています。
NiftyのWiMAX2+ Flat2年ギガ放題では最初の1か月から3か月までキャンペーンで0円、4か月以降は4100円となります。
nifty基本料金250円がプラスされ、割引終了後の月額利用料金は4350円となります。

その他に気になるのが初期費用です。
UQ WiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBE、Niftyでは初期費用3000円です。
しかしBroad WiMAXでは初期費用が18857円と他のプロバイダと比較すると高めに設定されています。
他社と比較すると不利になるため、近頃ではキャンペーン適用で0円となっています。
キャンペーンのためいつまで実施されるか分からないものの、初期費用を気にせずに申し込みができます。
キャッシュバックではGMOとくとくBBで最大33000円、BIGLOBEで20000円または21600Gポイント、Niftyでは20000円となっています。
UQ WiMAXで3000円の商品券プレゼントが実施されています。
キャッシュバックもキャンペーンも変わる可能性がありますので、事前に確認して下さい。