WiMAX2+の速度が気になっている人に分かりやすく解説します

これからWiMAX2+を使いたいと思っている人も多いかと思います。その理由は簡単で最近はスマホでインターネットをする人が多くなっていますが
スマホだと動画など見ているとすぐに通信制限まで通信してしまって使い物にならないという人も多く自宅で動画を見る時はWi-Fiでスマホを使いたいと思う人も多いからです。
それで自宅ではWi-Fiでインターネットを楽しもうと思った時に色々選択肢はあるのですができればあまり月額料金が高くなくて速度もそこそこ出て尚且つ面倒な工事も必要もなく簡単に使える物を選ぶとなるとWiMAX2+しか選択肢はありません。

でも、多くの人はいくらWiMAX2+が月額料金も安めで工事も必要なくてすぐにWi-Fi接続でインターネットができると分かっていても本当にWiMAX2+を契約しても大丈夫かと思うかと思います。私も最初はそう思いました。ですが、それは別に不思議な事ではなくて何も考えずにWiMAX2+を契約してしまうと最低でも2年は使う事になるので気になって当たり前です。では、これからWiMAX2+を契約しようと思っている人は具体的にどういう事を気を付けたら良いのかというと一番重要になってくるのはルーター選びです。

それはどうしてかというと、同じWiMAX2+でもルーター選びを間違えてしまうと困った事になるからです。具体的にどういう困った事になるのかというと、それはルーター選びを間違えてしまうと速度制限になるまで通信した時に全く使い物にならなくなるという問題が出てくるからです。それを回避するには同じWiMAX2+のルーターでも速度制限がないノーリミットを搭載しているルーターを選ぶ必要があります。このノーリミットモードを搭載したルーターを選べば仮にWiMAX2+を通信制限になるまで使ってもノーリミットモードで通常のWiMAXが使えるので速度は最低でも1Mは出ますのでインターネットが使い物にならないという事もないです。

ですが、もしそういう事を考えないでWiMAX2+ならどのルーターでも良いと思ってノーリミットモードがないルーターを選ぶと使いすぎて速度制限に掛かってしまった
時に速度が126kまで制限されてしまって軽いホームページの閲覧すらイライラしてしまう事になりかねないです。ですから、WiMAX2+を契約する時はノーリミットモードがある物を選べば速度を気にする事なく使えます。

WiMAX2+とワイモバイルの比較をした結果

WiMAX2+とワイモバイルの比較についてどちらも提供をしているものはデータ通信を行えるwifiルーターを販売しています、歴史的にもおもにメインはそちらの契約者が多いかもしれません、しかし最近ワイモバイルは音声プランにも力を入れている状態になっています、スマートフォンも提供も行うようになりました、金額自体も大手のキャリアのドコモ、au、ソフトバンクのスマートフォン利用料よりも安く抑えることができるように1980円などのCMも出していて、価格をリーズナブルに抑えるようにしているところが魅力です。

WiMAX2+に関していえば音声プランは用意されておらず、データ通信のみのプランになっています。本当にポケットwifiのプランのみで勝負をしている会社になります。同じデータ通信のところで考えると、データ通信プランの面で考えると、金額自体に大差はありませんが、内容には違いが存在します。お互いを比較してみると、その部分データ通信の制限に関してです。ワイモバイルはだいたい5GB~7GBで制限がかかります。WiMAX2+に関しては、制限のかかるプランと無制限のプランとが存在します。制限に関していえば高画質の動画を見たりすると影響を受けやすくなってしまいます。単純に比較は難しいですが、あまり利用用途が少ない、金額を安く抑えたいのであればワイモバイルで、データ通信を気兼ねなく使いたいもしくはヘビーユーザーの場合はWiMAX2+が良いのではないのでしょうか、利用の用途で使い方も変わってくるので簡単に切り替えればいいのですがワイモバイルには2~3年の契約期間が、WiMAX2+には2年の契約期間があり、月額の維持費を安く抑えるようにできます、しかし解約を更新月以外に行ってしまうと、解約金が必要になってしまします。こちらも注意が必要になってきてしまいますので検討が必要です。

WiMAX2+の対応エリア!利用する前に絶対に確認!

WiMAX2+を利用すれば通信費を大幅に削減できる可能性がありますが、固定回線とは違い無線回線なのでいわゆる無線の電波が飛んでいなければインターネットにつなげることはできません。WiMAX2+はどんどんと利用可能な範囲が広がっていることは確かですが、それでも都市圏でも場所によっては利用ができなかったり、利用できても何らかの理由で速度が遅すぎるということがあります。しっかりと確認することなしでWiMAX2+を契約してから実は利用できなかったでは無駄になります。通信にかかわるサービスにはクーリングオフが適用されませんから、解約手数料が必要になってしまいます。

WiMAX2+を契約する前に絶対に確認しなければならないのは対応エリアです。自分がメインでWiMAX2+を利用する場所がWiMAX2+のサービス提供範囲にはいっているかどうかと、サービス提供範囲にある場合にはどのくらいの速度のサービスが提供されているかです。WiMAX2+のサービスの提供範囲には自宅や職場や学校などが範囲に含まれているか確認する必要があるでしょう。その他にもよく外出先でインターネットを使うような場所を含めてももちろんかまいません。

WiMAX2+のサービスの提供範囲(対応エリア)を調べるのは自分が契約を検討している各サービス会社のサイトを見れば、ほぼピンポイントでサービスが提供されているかどうかを判定できるコーナーがあります。そのコーナーで住所などを入力することによってサービスが利用可能かどうかがわかります。この方法でかなり詳細に利用可能顔塚の判定はできますが、判定で利用が可能であるが建物や利用階などによっては通信状態があまりよくない可能性があるというような判定が出た場合には、一つにはWiMAX2+の利用をあきらめるか、実際に通信が可能かどうか通信速度が利用するに値するかどうかを端末のレンタルサービスなどを利用してチェックする必要があります。

WiMAX2+の対応エリア!利用する前に絶対に確認!

WiMAX2+のプロバイダはどこが良い?5つの特徴を比較!

今までのWiMAXでは下り最大40Mbpsの通信速度でしたが、WiMAX2+では下り最大110Mbpsと倍以上速くなりました。
さらに下り最大220Mpbsへとパワーアップ、端末によっては下り最大370Mbpsもの超高速通信が行えます。
そんなWiMAX2+を利用したい時に迷うのがプロバイダ選びです。
プロバイダによって特徴が異なりますので、それぞれよく比較してから選びたいところです。
まず最初に気になるのが料金です。

UQ WiMAXのUQ Flatツープラスギガ放題では月4380円、最大3か月3696円となります。
Broad WiMAXのギガ放題月額最安プランでは最初の1か月から2か月まで月2856円、3か月から24か月まで3541円、25か月以降は4041円となります。
ギガ放題ベーシックプランでは最初の1か月から2か月まで3695円、3か月以降は4380円です。
2年間だけで見るとBroad WiMAXのギガ放題月額最安プランがお得です。
しかし2年以降は高くなるため、長期間の利用を考えている方はUQ WiMAXのUQ Flatツープラスギガ放題、またはBroad WiMAXのギガ放題ベーシックプランのほうがお得です。
BIGLOBEのFlatツープラスギガ放題プランでも最初の1か月から2か月まで3695円、3か月以降は4380円と同じです。
GMOとくとくBBギガ放題では最初の1か月から2か月まで3609円、3か月から24か月まで4263円、25か月以降は4263円となっています。
NiftyのWiMAX2+ Flat2年ギガ放題では最初の1か月から3か月までキャンペーンで0円、4か月以降は4100円となります。
nifty基本料金250円がプラスされ、割引終了後の月額利用料金は4350円となります。

その他に気になるのが初期費用です。
UQ WiMAXやGMOとくとくBB、BIGLOBE、Niftyでは初期費用3000円です。
しかしBroad WiMAXでは初期費用が18857円と他のプロバイダと比較すると高めに設定されています。
他社と比較すると不利になるため、近頃ではキャンペーン適用で0円となっています。
キャンペーンのためいつまで実施されるか分からないものの、初期費用を気にせずに申し込みができます。
キャッシュバックではGMOとくとくBBで最大33000円、BIGLOBEで20000円または21600Gポイント、Niftyでは20000円となっています。
UQ WiMAXで3000円の商品券プレゼントが実施されています。
キャッシュバックもキャンペーンも変わる可能性がありますので、事前に確認して下さい。